金つなぎ・非日常療法のすべて

自助努力・身の丈サイズの、がん(ほか難病・大病)患者会「がんを明るく前向きに語る・金つなぎの会」の、”勝ち抜き実践記録”をすべて公開。後に続く病友の治癒と安寧のために…!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

♪きっとよくなる、かならず良くなる! ご一緒に…

前項で、エミール・クーエ(クエ)の詩を紹介したら、「エミール・クーエって?」との問い合わせを
数件頂戴した。


今日から毎日 あらゆる点で
いっそう 良くなる                                                                                                          ますます 良くなる                                                                ぐんぐん 良くなる                                                      かならず 良くなる                                                                  ぜったい 良くなる                                                   きっと 良くなる                                                                         良くなるしか ない                                                                                
                                                            まことに好日的な、力づよい詩である。
とりわけ「きっと良くなる かならず良くなる」は、キャッチフレーズとして人の心にズンと響く、影響力の大きい言葉である。


私はこの詩を記した1枚の色紙を、病友の増本康子さん(金つなぎ会理事・平成8年ご逝去)
から頂いた。 彼女のご主人・幾太郎さんが能筆の方で、品良く力強く書いてくださったものである。
あるとき、幾太郎さんに「これは、どなたの詩ですか?」 と訊ねたら、「ボクは何かの雑誌で見つけたんですが、 …さぁ、誰の言葉だったか?」 とおっしゃる。 のちに、金つなぎの病友の中に博識の方がおられて、 「それは、エミール・クエの詩ですよ」 と教えられた。


その後いろいろ調べたが、この詩がクエのものである、との確証は、今にいたるも得られていない。 ただし、これに類する言葉は残っているので、のちのどなたかが少し膨らませてくださったのではないだろうか?


薬学者・エミール・クーエ(Emile Coue)は、1857年 フランスのトロワに生まれ、パリで薬学を学んだのち、数十年間トロワで薬剤師として、暮らしたとされる。                                                        
後年、”クエイズム”と称される自己暗示法の創始者で、ポジティブ・シンキングの元祖ともいわれる彼は、催眠術の研究や実験を行うなかで自己暗示による独自の精神療法(クエ・メソッド)を開発。 リューマチ、喘息、結核、がんにいたる広汎な患者を、それにより治したという。


クエ博士の用いた『患者が自分で治せる方法』は、非常にシンプルで、習慣にし易いのが、特徴だ。
つまり、1日に2回、朝目覚めたときと寝る前に、10回ずつ以下の言葉を言わせたに過ぎない。
「私は、日毎に、あらゆる点でよくなっていきます。どんどんよくなっていきます」                            こ
のように、好日的な言葉を声に出して繰り返すことで、私たちは自分自身をその考えに精神集中させる事が出来る。


「私は、誰一人として治療してはいない。患者が自分の力で治せるように教えただけです」 と言って、患者の努力を称えたといわれるエミール・クエは、また、「あなたの人生は、あなた自身がつくるのです」と、後世の私たちに教えてくれている。                                   もっとも、彼が教えたのは個々の患者に対してであったけれど、国内外に1623人の会員を擁する私たち ”金つなぎ” は、「きっと良くなる、かならず良くなる! ご一緒に!」 と病友の絆の力に縋って生き延びるべく、意気ますます盛んである。


スポンサーサイト
  1. 2006/07/19(水) 13:49:55|
  2. がん☆リアル・タイム
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<♪金つなぎ 逝者鎮魂・生者安寧 祈念の海花火!  ~その1~ | ホーム | ♪私は多重がんの患者です。 発病したのは14年前…>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://minnasiawase5529.blog32.fc2.com/tb.php/20-9a9f945f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

さくら・さくら

Author:さくら・さくら
☆乳がん、卵巣がんを相次いで病み、余命半年の病状から生還した多重がん患者

☆がんを明るく前向きに語る金つなぎの会 代表

最近のコメント

最近の記事

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。