金つなぎ・非日常療法のすべて

自助努力・身の丈サイズの、がん(ほか難病・大病)患者会「がんを明るく前向きに語る・金つなぎの会」の、”勝ち抜き実践記録”をすべて公開。後に続く病友の治癒と安寧のために…!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

★初めて見送った友よ、幸せですか?

金つなぎの会は、11年前に私と23人の病友が立ち上げた「自助努力・身の丈サイズ」の患者会である。近代医学から手を離され、代替医療や補完医療に走る、不安な”がん予後の患者達”が集い、なおまた、がんの一つの病態について語るのではなく、すべてのがんについて「明るく強く前向きに語り、生き延びよう!」との旗印を掲げた患者群である。


会員は老若男女を問わず、がん・難病の種類も問わず、余命告知を受けた病友、末期を闘う仲間たち…。いきおい、亡くなられる病友も多いわけで…


平成7年に患者会を創設し、その1年後、初めて見送ったのが乳がんの肝転移を病んだ康子さんである。 享年59歳、まだまだ人生これから…の春であった。 
会創設時からのメンバーで理事でもあった彼女の葬儀は、滋賀県草津市駅前の斎場で執り行われ、「お互いに再婚して、子育ても一段落。”これから二人して楽しもう、なぁ”って、言うておったんですわ」と、ご主人が大粒の涙を流された。 がんという病の持つ無残と無慈悲に、言葉もなかった。
出棺を前に、病友のスミイ理事が般若心経のお写経を数巻納棺され、そのとき康子さんのデスマスクにほっと輝きが戻った。(…ように思われた)


葬儀に先立ち、ご逝去の報せを受けてすぐに23人の理事さんの連絡網に、「葬儀に参列し、最後のお見送りを…」との内容を流した。病友がたは動揺し、結局、古くからの友人スミイ理事と仲良しだった妙子理事が参列。私を含め3人が見送った。


この日私は、この患者会を続けていくためには、①各自が確かな死生観を養う②病友は最後に必ず「力」を見送る者に托してくれることを信じる。 …以上の2項を、必ず心に摺り込まなければならないと思い知った。 多くの会員が、自分の身にいつ何が起こっても不思議ではない病期を生きているのだもの、それが、”金つなぎ”なのだ。金つなぎの会が、発足間もなくからきわめて哲学的であり思惟的であるのは、康子さんの死に触発された結果であると言っていい。


康子さんの夫君は達筆の人で、彼女を励ますために、エミール・クーエの詩を色紙に書いておられ、私にも1枚くださった。 金つなぎの相言葉「きっと良くなる 必ず良くなる」の出典でもある優しく力づよい詩である。 病友と一緒に、声に出して繰り返す。ほんとうに。良くなるような気がしてくるから、不思議である。     


                  今日から 毎日 あらゆる点で
                      いっそう  良くなる
                      ますます 良くなる
                      ぐんぐん 良くなる
                      かならず 良くなる
                      ぜったい 良くなる
                      きっと   良くなる
                      良くなるしかない   

スポンサーサイト
  1. 2006/04/17(月) 22:51:37|
  2. 逝友を悼む
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<♪明るく強く前向きに、志高く華やかに! | ホーム | ♪事件を契機に、「死と向き合う覚悟」を!>>

コメント

慎太郎さん、こんばんは!

日ごろは、病友のための大きな支えとなっておられますこと、樋口会長なきあと、ほんとうにご苦労さまです!

金つなぎの病友も、渡辺氏、ナムラさん、カワブチさんほか、ほんとうにお世話さまになりました。
今後も、どうぞよろしくお願いいたします。

過日、機関紙22号の「人生観・死生観」に原稿を頂戴いたしたくお電話させていただきましたが、お留守で、そのままになってしまいました。
23号に、ぜひぜひ、ご寄稿くださいませ。

天候不順のおりから、くれぐれもお身お大切に、ますますのご発展をお祈りいたしております。

  1. 2006/04/23(日) 01:35:11 |
  2. URL |
  3. さくら・さくら #-
  4. [ 編集]

患者会を続けていくために

 さくらさくらさん、大阪の肝臓病患者会で療養相談を担当しています。
 いつも会報をありがとうございます。
 患者会を続けていくこと、いろいろと困難があるなかですばらしい活動を続けておられますね。
 大先輩の活動を参考にしながら、私たちもがんばっていきます。
  1. 2006/04/21(金) 00:45:30 |
  2. URL |
  3. sin #8xZo7ApU
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://minnasiawase5529.blog32.fc2.com/tb.php/12-8027d773
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

さくら・さくら

Author:さくら・さくら
☆乳がん、卵巣がんを相次いで病み、余命半年の病状から生還した多重がん患者

☆がんを明るく前向きに語る金つなぎの会 代表

最近のコメント

最近の記事

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。