金つなぎ・非日常療法のすべて

自助努力・身の丈サイズの、がん(ほか難病・大病)患者会「がんを明るく前向きに語る・金つなぎの会」の、”勝ち抜き実践記録”をすべて公開。後に続く病友の治癒と安寧のために…!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

「金つなぎ・非日常療法」 その3・五つの理念 その①

■五つの理念 その① 「 同病相楽しむ」

同病相楽しむ
     「テリー・フォックス RUN in Mie」(その後「命の駅伝」と改称)の会場で、【同病相楽しむ】昼食風景 。 
      於:三重県松阪市中部台公園   平成13年5月13日

自助努力・身の丈サイズのがん(ほか難病・大病)患者会、がんをァ明るく前向きに語る・金つなぎの会が掲げる五つの理念は、二つのがんを病んだ会代表の私・広野光子が、平成7年当時【余命半年】の状態から抗がん闘病するなかで納得し悟り、また信じた病者の哲学である。

金つなぎの会は、広野光子の闘病記を新聞連載するなかで、志を同じくする読者(23人の病友)が一同に会し、この理念を座右の銘にして立ち上げた、きわめて哲学的な患者会でもある。
      
           <金つなぎ・五つの理念>
              同病相楽しむ      
             がんを恐れず侮らず
            天は自ら助くる物を助く      
             信ずる者は 救われる
            死ぬも生きるも天命のまま

会が創設されたおり、「私たちがん患者が、溢れる医療情報に振り回されて右往左往することのないように」と、自らの行動規範を決めたのがこの理念である。

たとえば、「五ヶ条のご誓文」がそうであるように、「ヒポクラテスの誓い」がそうであるように、私たちの集いがたとえどのように小さくとも、5年生存率(10年生存率)にチャレンジし5年先、10年先を元気で生きられるように…と定めた、仲間との共通認識でもある。

この成り立ちについて、少し紙幅を割いてみたい。

その①
★同病相楽しむ   
平成7年7月12日、初めての癒し旅が催行された。。

会創設に至った初会合の折、乳がん切除による大きな胸の傷を嘆いた病友が、「温泉なんて、夢のまた夢です…」と言い、その言葉を受けて温浴旅行が企画されたのだった。

がん患者が集団で旅をするのが珍しい時代である。

大阪からバス2台を連ね、名古屋、松阪、伊勢方面からも参加して温浴を喜ぶ私たちを、大阪からテレビ大阪、地元からNHK、三重テレビ、中日新聞、伊勢新聞が取材に来てくださった。

テレビの取材に病友が答えておられる。
「同病相哀れむ…、の気持ちで参加しました」

すれ違いざま、反射的に私は言った。
「えっ、違うでしょう! 同病相楽しむ♪ですよ!」

抗がん闘病中、病院のベッドで読んだ向日的な書籍が私に言わせたフレーズであった。

その② ★がんを恐れず侮らず         
その③ ★天は自ら助くる物を助く      
その④ ★信ずる者は 救われる
その⑤ ★死ぬも生きるも天命のまま


スポンサーサイト
  1. 2010/06/16(水) 15:44:15|
  2. 非日常療法とは
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

「金つなぎ・非日常療法」 その2・【自助努力・身の丈サイズ】の患者会


 
今年、「がんを明るく前向きに語る・金つなぎの会」は、会創設15周年を迎えた。

昨年9月1日には、「会創設15周年記念総会~山下敬二郎&直子LIVE」を開催、がん促進因子とされる、老化、免疫力低下、治癒力低下を防ぐ催し…、と話題を呼んだ。

このほか今年に入って、「血管ほぐしフォーラム」の開催、熊野と名張の花火に協賛、玉川温泉療養の旅など、数々の記念イベントを予定している。

発足当時の金つなぎの会は、世界で唯一ともいえる、明文化された闘病理念『金つなぎ・五つの理念』を持ち、近代医学や東洋医学の恩恵を受けるほか、あらゆる代替療法に自ら取り組むことで、がん(ほか難病・大病)を乗り越え、自分らしい納得できる予後を生ききる、“明るく強く前向き"な患者群として活動を始めた。

すべてが手探りで、とくに闘病法の教科書があったわけではない。
ただし、"余命半年"の私になぜか、夫や息子、友人たちが差し入れてくれたがんの参考書は、すべて明るく強く前向きにがんに立ち向かう…というものであった。

【多重がん(私の場合は乳がんと卵巣がん)】という、初めて遭遇した我が人生の最難事に、向日的にがんを捉えた書物が多く届けられたことは、幸いであった。
これらの書物が、金つなぎの会設立の基盤を形成したと言っても、決して過言ではない。

抗がん闘病のスタートラインに立ったとき、これらの書物によりまことにありがたい方向づけを貰ったものだと思う。
                                                    
当時の読書メモから、書名を抜き書きしてみよう。
☆印は、何度も読み返したもの。

☆「がんを治す大事典」(帯津良一 監修)                               
☆「がんのセルフコントロール」(カール・サイモントンほか)
 「イメージ・トレイニング法」(品川嘉也)
☆「こころとからだ ストレス健康法」(池見酉次郎)
 「がんを克服し、生きる」(近藤裕)
☆「がん ある完全治癒の記録」(アンソニー・サティロラ)
☆「内なる治癒力」(ダグラス・コリガンほか)
☆「自分で治す"がん"」(朝日新聞社)
 「ガンを征服する人」(グレッグ・アンダーソン)
☆「気功治療」(片野貴夫)
☆「病気は薬でなく食物で治る」(小牧祐夫)
 「土からの医療」(竹熊宜孝)
 「言霊(ことだま)」(井沢元彦)
  ほかにも、いろいろと…

こうして構築されたのが、【自助努力・身の丈サイズ】のがん患者会・金つなぎであった。
まず最初に、病者の哲学と称する『五つの理念』を定めた。



  1. 2010/06/15(火) 23:54:44|
  2. 非日常療法とは
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0

プロフィール

さくら・さくら

Author:さくら・さくら
☆乳がん、卵巣がんを相次いで病み、余命半年の病状から生還した多重がん患者

☆がんを明るく前向きに語る金つなぎの会 代表

最近のコメント

最近の記事

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。