金つなぎ・非日常療法のすべて

自助努力・身の丈サイズの、がん(ほか難病・大病)患者会「がんを明るく前向きに語る・金つなぎの会」の、”勝ち抜き実践記録”をすべて公開。後に続く病友の治癒と安寧のために…!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

♪きっとよくなる、かならず良くなる! ご一緒に…

前項で、エミール・クーエ(クエ)の詩を紹介したら、「エミール・クーエって?」との問い合わせを
数件頂戴した。


今日から毎日 あらゆる点で
いっそう 良くなる                                                                                                          ますます 良くなる                                                                ぐんぐん 良くなる                                                      かならず 良くなる                                                                  ぜったい 良くなる                                                   きっと 良くなる                                                                         良くなるしか ない                                                                                
                                                            まことに好日的な、力づよい詩である。
とりわけ「きっと良くなる かならず良くなる」は、キャッチフレーズとして人の心にズンと響く、影響力の大きい言葉である。


私はこの詩を記した1枚の色紙を、病友の増本康子さん(金つなぎ会理事・平成8年ご逝去)
から頂いた。 彼女のご主人・幾太郎さんが能筆の方で、品良く力強く書いてくださったものである。
あるとき、幾太郎さんに「これは、どなたの詩ですか?」 と訊ねたら、「ボクは何かの雑誌で見つけたんですが、 …さぁ、誰の言葉だったか?」 とおっしゃる。 のちに、金つなぎの病友の中に博識の方がおられて、 「それは、エミール・クエの詩ですよ」 と教えられた。


その後いろいろ調べたが、この詩がクエのものである、との確証は、今にいたるも得られていない。 ただし、これに類する言葉は残っているので、のちのどなたかが少し膨らませてくださったのではないだろうか?


薬学者・エミール・クーエ(Emile Coue)は、1857年 フランスのトロワに生まれ、パリで薬学を学んだのち、数十年間トロワで薬剤師として、暮らしたとされる。                                                        
後年、”クエイズム”と称される自己暗示法の創始者で、ポジティブ・シンキングの元祖ともいわれる彼は、催眠術の研究や実験を行うなかで自己暗示による独自の精神療法(クエ・メソッド)を開発。 リューマチ、喘息、結核、がんにいたる広汎な患者を、それにより治したという。


クエ博士の用いた『患者が自分で治せる方法』は、非常にシンプルで、習慣にし易いのが、特徴だ。
つまり、1日に2回、朝目覚めたときと寝る前に、10回ずつ以下の言葉を言わせたに過ぎない。
「私は、日毎に、あらゆる点でよくなっていきます。どんどんよくなっていきます」                            こ
のように、好日的な言葉を声に出して繰り返すことで、私たちは自分自身をその考えに精神集中させる事が出来る。


「私は、誰一人として治療してはいない。患者が自分の力で治せるように教えただけです」 と言って、患者の努力を称えたといわれるエミール・クエは、また、「あなたの人生は、あなた自身がつくるのです」と、後世の私たちに教えてくれている。                                   もっとも、彼が教えたのは個々の患者に対してであったけれど、国内外に1623人の会員を擁する私たち ”金つなぎ” は、「きっと良くなる、かならず良くなる! ご一緒に!」 と病友の絆の力に縋って生き延びるべく、意気ますます盛んである。


スポンサーサイト
  1. 2006/07/19(水) 13:49:55|
  2. がん☆リアル・タイム
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

♪私は多重がんの患者です。 発病したのは14年前…

がんを明るく前向きに語る・金つなぎの会は、”身の丈サイズ・自助努力”の患者会である。 が、会創設当初から、理念やモットーが揃っていたわけではない。                     


5つの理念もモットーも、私自身が乳がん(1期C)と卵巣がん(3期)5か所転移)を病み、「余命半年の命」と覚悟を決めた平成5年ごろから僅かの期間に、生き延びるために信じて実践した内容をまとめたものである。


今を遡る14年前、平成4年の3月。 当時勤務していた新聞社で、「誕生日検診」のシステムが導入され、誕生日を期して1日休暇が保証されることになった。 結果的に私は、このドックで乳がん(1期C)を見つけてもらった。 厳密に言えば、きっかけをもらったのだ。


その日、超音波検査で左乳房の左上に約1㌢の固いしこりが認められ、 「う~ん、このしこり、なんか気になるなぁ。…一度専門の病院で見てもらってください」とドクターに言われ、会社の近くにあった大阪大学医学部付属病院の第二外科を受診したことが、早期発見につながったものである。


病友の生死を分ける大きな要因のひとつは、「きっかけ」である。 私の場合は、誕生日検診とその後のいち早い担当科受診であった。 ちなみに、乳がんは外科の”守備範囲”に属する病である。 女性特有の病ではなく男性にもみられ、その率は女性の約100分の1ということである。


阪大病院の場合、乳がん(乳腺腫瘍)は、第二外科が担当していた。 私の場合は、幸いに早期発見のがんとのことで、主治医からは「乳房温存術」を勧められたが、ためらわず乳房全摘術を選んだのだった。 「大丈夫? ボクの経験では女性は、ほとんどが、おっぱいに執着しますよ」とドクタ-は言い、すぐに、「先日も、70歳の女性が”乳房再建術”を頼んでこられたんですよ」と言葉を継がれた。


それでも、頑なに乳房全摘を選んだのは他でもない、 当時の私が、新聞記者の仕事を天職と言って憚らず、他にもグループの夕刊紙に経済人夫妻の隠れたエピソードを紹介するコラムを執筆。読者からのレスポンスも多く、それらの仕事に生き甲斐をも感じていたからであった。


がんを病んでからつくづく思い知ったのは、「捨てるべき時には、捨てる勇気を持とう!」ということだ。 欲張りの私は、当時 ”仕事も家庭も捨てられない!”と粋がっていた。 自分に対する不遜なほどの自信があった。 浅はかであったなぁ…と、いま、ほろ苦く思い返す。


「命が錘にかかっている」 のが ”がん秤”。 たとえ捨てられないほどに打ち込んでいる仕事であろうとも、どんなに手放せない大切なものであっても、生き延びるためには、捨てなければならない! なにより、”余命半年”のがんを、受け入れなくてはならない。 それしか、この窮地を逃れる方法はない! …そのことに気づいたとき、良寛和尚の言葉が 激しく私の心を打った。


天保2年(1831)に逝去された、良寛和尚の最期は激しい下痢に悩まされ、症状から直腸がん
が推察されるという。 同病の先人と思えばひとしお、心も動く。
和尚が、文政12年(1827)の大地震で被害に遭った知人に送った下記の一文が、それである。    


     「 しかし 災難に逢時節には 災難に逢がよく候 
       死ぬ時節には 死ぬがよく候 
       是はこれ災難をのがるる妙法にて候 かしこ     
                                良寛」


そうなのか!                                                   がんはある日突然、私たちの体に住み着き、人生設計を狂わせ、時にはあっという間に命までも奪い去る理不尽な病である。 これこそが、人生の災難でなくてなんであるか。 そしてこの災難は、逃れようとすればどこまでも追いかけてくる。 けれど、受け入れて立ち向かえば、案外弱虫の側面が見えてくる。                                                  そうなのだ!


災難(がんの発症、転移・再発)は災難として受け入れ、天命にまかせよう。 それが、私に用意された道なのだ。 この、抗がん闘病の道を信じて、一生懸命に歩いていこう。 …そのように、腹を括って生きてきた14年あまり。 気がついたら、不思議に私は生きている。 ”余命半年”の私が、生かされている。                                                        まことに、難有り、有難し!!!    ありがたい、なぁ。


一部、未分化型の ”顔つきの悪いがん” 以外は、案外御しやすい病ががんである、と私は確信している。 この確信は、10余年に及ぶ自らの闘病と金つなぎの会の病友の闘病から、厳密に言えば、闘病の実践からの確信である。


今日から毎日 あらゆる点で
いっそう 良くなる                                                                                                          ますます 良くなる                                                                ぐんぐん 良くなる                                                      かならず 良くなる                                                                  ぜったい 良くなる                                                   きっと 良くなる                                                                         良くなるしか ない                                                                                


        詩:エミール・クーエ


                           

  1. 2006/07/01(土) 01:26:07|
  2. がん☆リアル・タイム
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

プロフィール

さくら・さくら

Author:さくら・さくら
☆乳がん、卵巣がんを相次いで病み、余命半年の病状から生還した多重がん患者

☆がんを明るく前向きに語る金つなぎの会 代表

最近のコメント

最近の記事

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。